入局案内

放射線医学には放射線診断学、放射線治療学、核医学の3つの分野が含まれています。

放射線診断学はいわゆる画像診断を担当し、X線CT、磁気共鳴映像法(MRI)、血管造影等を含めた画像検査を施行し読影するかたわら、経カテーテル的な悪性腫瘍や各種血管性疾患の治療を中心としたinterventional radiologyを行っています。

放射線治療学は従来からのγ線を利用した深部放射線治療を中心に病巣部に集中して高線量の照射を行う定位放射線照射や化学療法を併用した総合的な放射線腫瘍学を展開しています。

核医学は形態よりむしろ様々な生体の機能を画像的に診断する分野で、特に陽電子放出核種を利用したPETは脳機能の解析や腫瘤性病変の良悪性の鑑別に威力を発揮しています。

このように放射線科の一番の特徴はカバーする領域の広さです。診断学・治療学・核医学それぞれが全身の臓器・疾患を対象にしていますし、アプローチの仕方も様々です。きっと皆さんの“天職”が見つかるはずです。

もう一つ、放射線科医はとにかく不足しています。人口あたりの診断専門医数は欧米の1/3に過ぎません。また年齢の高齢化に伴って対象が急増している治療専門医はなんと全国で500名足らず。たとえ若くても活躍の場が保証されている専門領域です。

専門研修プログラム(卒後3年目)からの入局に加え、中途入局者、大学院生も募集しています。

放射線科への入局・研修に興味がある方へ

入局意思の受付(2023年度分)を2022年4月1日より開始します。医局長宛に意思表示のメールを送信してください。中途入局希望者は個別にご相談してください。

入局試験(書類・筆記・面談)を2022年夏にWeb上で実施します(上記、入局意思表明者が対象)。

入局と同時に大学院博士課程入学を考えている方は、願書受付(7月頃)よりも前に、雇用枠の確保ならびに入局手続きをしますので、ご相談ください。2023年度入試でも外部英語試験が必要になる可能性がありますので、今後の情報にご注意ください(https://www.m.u-tokyo.ac.jp/daigakuin/apply/appguidemain.html)。

現在医師3年目以上の先生(転科・転地を含む)は個別に相談を受けますので、医局長までご連絡ください。

医局見学会(2023年度以降の入局者向け)を開催します。
  • 2022年3月24日(木) 12:00~17:00(盛会にて終了)
  • 2022年4月28日(木) 12:00~17:00(盛会にて終了)
  • 2022年5月26日(木) 12:00~17:00
  • 2022年6月23日(木) 12:00~17:00
  • 2022年7月28日(木) 12:00~17:00
オンライン医局説明会(2023年度以降の入局者向け)を開催します。
  • 2022年6月18日(土) 13:00~16:00
対象は医学生・臨床研修医・中途入局希望者です。 下記ボタンから予約してください。 2022年4月1日現在、木曜 12:10-12:40 に症例カンファランスを開催しています。

RESERVA予約システムから予約する

見学・入局・研修・入学・当科からのご案内にご興味がある方は、お名前・ご所属・年次・出身大学、連絡先、①診断・核・IVR、②放射線治療の別、その他のご希望を添えて、医局長までご連絡ください。医局説明会やオンライン講義等の案内を送らせていただきます。

ご質問等も随時受け付けています。このHPや医局説明会資料が、皆様の疑問や不安を解消できるものとなれば嬉しいです。

掲載プログラムには以下の地域連携プログラムも含まれますが、必ずしも枠を得られるとは限りません。

年間の入局スケジュール(全体像を掴んで頂くための予定)

今年度の日程は情勢により大きく変わる可能性がありますのでご注意ください。
時期内容
4月1日入局意思表明の受付開始
3-7月医局説明会
5月頃生体物理医学セミナー(兼:大学院入試ガイダンス)※2021年は中止
6月下旬医学生のための東大病院説明会Web
7月中旬大学院受験者に対し先行して入局試験・専門研修プログラム採用試験Webを実施
大学院博士課程願書締切
8月頃入局試験・専門研修プログラム採用試験Webを実施(事後相談者は随時対応)
8-12月頃医局人事調整(新入医局員を含む)
10月末東京都シーリング数割当確定・採用者配属先が最終確定
11月頃~二次募集相談受付

連絡先

放射線科医局秘書 utrad.ad@gmail.com (@は半角に変換)

放射線科医局長 石田 尚利 mytsy1007@gmail.com (@は半角に変換)

大学院生の募集について

当教室では大学院医学系研究科生体物理医学専攻にて、臨床放射線医学(診断・核・治療)および医用画像解析に関連した研究を行うことができます。 大学院生の願書受付期間や入学試験などの詳細は医学部公式サイトの要綱をご覧ください。

入試ガイダンス

例年5月~6月に、入試ガイダンスを兼ねた生体物理医学専攻セミナーを開催しております。放射線医学に興味のある皆様のご参加をお待ちしています。

近年の学位取得研究テーマ

2020年度

  1. 著者
    越野沙織.
    論題
    ディープラーニングを用いた脳動脈瘤の自動検出:臨床応用への有用性の検討.
    学位授与年月
    2021年3月
  2. 著者
    鈴木文夫, 佐藤典子, 太田深秀, 杉山淳比古, 飯島圭哉, 重本蓉子, 森本笑子, 木村有喜男, 藤井裕之, 若杉憲孝, 高橋祐二, 中田安浩, 二村明徳, 河村 満, 小野賢二郎, 中村雅之, 佐野 輝, 渡辺雅子, 松田博史, 阿部 修.
    論題
    Voxel-based morphometryを用いた有棘赤血球舞踏病とハンチントン病の比較検討および有棘赤血球舞踏病の画像所見と症状の経時的変化の評価.
    学位授与年月
    2021年3月
  3. 著者
    山下博司, 阿部 修, 中井雄大, 花岡昇平, 五ノ井渉, 雨宮史織, 牛久哲男, 阿部浩幸, 長谷川潔, 有田淳一, 西岡裕次郎.
    論題
    大腸癌肝転移切除患者の予後予測におけるMR画像特徴量抽出の有用性.
    学位授与年月
    2021年3月

2019年度

  1. 著者
    Bari MD Razibul.
    論題
    Study of relationship between each segment of ECG and reconstruction phase on 320-row coronary CT. / 320列冠動脈CTにおける心電図の各セグメントと再構成位相の関連に関する研究.
    学位授与年月
    2020年3月
  2. 著者
    入江隆介.
    論題
    LAVA-Flex法を用いた高速頸部MRAの臨床応用.
    学位授与年月
    2020年3月
  3. 著者
    北口真由香.
    論題
    皮膚リンパ腫に対するTomotherapyを用いたHelical skin radiation therapy.
    学位授与年月
    2020年3月
  4. 著者
    黒川 遼.
    論題
    超高精細CTによる冠動脈CTAのための基礎的検討.
    学位授与年月
    2020年3月
  5. 著者
    髙栁ともこ.
    論題
    高速回転及び高ヘリカルピッチを用いた超高速CT撮影によるモーションアーチファクトの低減に関する検討.
    学位授与年月
    2020年3月
  6. 著者
    中尾貴祐.
    論題
    2.5次元深層学習によるMRアンジオグラフィーにおける脳動脈瘤のコンピュータ支援検出.
    学位授与年月
    2020年3月
  7. 著者
    萩原彰文.
    論題
    Basic Study of Synthetic MRI and Its Application to Multiple Sclerosis. / Synthetic MRIの基礎的検討と多発性硬化症への適用.
    学位授与年月
    2019年3月
  8. 著者
    前川朋子.
    論題
    Oscillating gradient spin-echo (OGSE) 法を用いた拡散強調像の基礎的検討と臨床応用.
    学位授与年月
    2020年3月

2018年度

  1. 著者
    久保貴俊.
    論題
    原発不明癌診療における画像ガイド下経皮的針生検の成績.
    学位授与年月
    2019年3月
  2. 著者
    中井雄大.
    論題
    化学療法後の大腸癌肝転移におけるMRIを用いた腫瘍内脂質検出の臨床的意義.
    学位授与年月
    2019年3月
  3. 著者
    並木洋子.
    論題
    小児心臓CTの造影剤注入後の撮影タイミングに関する研究.
    学位授与年月
    2019年3月
  4. 著者
    萩原彰文.
    論題
    Basic Study of Synthetic MRI and Its Application to Multiple Sclerosis. (Synthetic MRIの基礎的検討と多発性硬化症への適用)
    学位授与年月
    2019年3月

2017年度

  1. 著者
    片野厚人.
    論題
    放射線ストレスによるメチオニン転移RNAの顆粒形成の解析.
    学位授与年月
    2018年3月
  2. 著者
    白田剛.
    論題
    非外傷性院内死亡患者における頭部死後CT所見の検討.
    学位授与年月
    2018年3月
  3. 著者
    竹中亮介.
    論題
    強度変調放射線治療による全身照射の治療計画方法と臨床成績の検討.
    学位授与年月
    2018年3月
  4. 著者
    永縄将太郎.
    論題
    出産に関連した女性骨盤についての解析.
    学位授与年月
    2018年3月
  5. 著者
    渡邉祐亮.
    論題
    非外傷性院内死亡患者における肺の死後CT所見の検討.
    学位授与年月
    2018年3月

2016年度

  1. 著者
    大熊ひでみ.
    論題
    Common findings on postmodern computed tomography in atraumatic death; compared with antemortem computed tomography and pathological findings(非外傷性患者における死後CTの正常所見についての検討~生前CTと病理所見との対比~).
    学位授与年月
    2017年3月
  2. 著者
    大倉直樹.
    論題
    肝ダイナミックCTによる非侵襲的門脈圧推定法の検討.
    学位授与年月
    2017年3月
  3. 著者
    柴田英介.
    論題
    3Dプリンターを用いた腹部内臓動脈瘤のシミュレーションモデルに関する基礎研究と臨床応用.
    学位授与年月
    2017年3月